48_痔ろうQ&A(社会復帰編)

痔ろう手術を受けた事を周りに知られたくありません。可能ですか?


Q.痔ろう手術を受けた事を周りに知られたくありません。可能ですか?

A.可能です。

dc5a7d7ebbd1c162ac4ab9560dd8184e_s

痔ろうは外見から見て全く変化がありません。

いくつかの生活の変化を目立たないようにやり過ごせば全く普段通りの生活に見せて痔ろう手術を行った事を気づかれないようにする事が可能性です。

痔ろう手術後に普段の生活と異なるのは以下の通りです。

  1. 滲出液が出るのでパッドを当てる必要がある
  2. 滲出液の臭いがするので最初の一週間は頻繁にパッドを交換する必要がある
  3. うんちの際にウォシュレットが無ければお尻を綺麗にするグッズ必要になる
  4. お尻が痛い場合だけ、円座クッションが必要になる

1. 滲出液が出るのでパッドを当てる必要がある

手術の後に出来た傷口からは「滲出液」と呼ばれる体液が分泌され傷口の再生を促します。

この滲出液が下着を汚してしまうので生理用ナプキン(ここではパッドと表記します)を当てる必要があります。

もともとデリケートな生理用品なので男性でも女性でも着用してもズボンやスカートを着用すれば外からは分かりません。

ガーゼなどでも代替可能ですが、服の上から膨らみが見えてしまう場合があります。

生理用ナプキンは外からばれない工夫が凝らされていますので男性でも使用することをおすすめします。

痔ろうで男性が生理用ナプキンを使用するのは一般的ではありませんのでAmazonの通販などを利用すると良いでしょう。

 

 

2. 滲出液の臭いがするので最初の一週間は頻繁にパッドを交換する必要がある

滲出液は体液である為、あまり日常には無い種類の臭いです。

それ程の悪臭という程ではないのですが、珍しく臭いであるが為に空気中に漂っていると周りの人の注意を引いてしまう可能性があります。

滲出液の臭いが漏れ出す可能性があるのは手術後の一週間です。この一週間は滲出液の分泌が特に多く、2〜3時間に一度はパッドを交換しないと臭いが漏れ出す可能性があります。

パッド自体は非常に小さいのでポケットに入れてトイレの個室に入れば交換は可能です。

トイレに頻繁に行く理由として女性は生理中で通用すると思いますし、男性はお腹の調子が良くないという理由で周りには説明すると良いでしょう。

 

3. うんちの際にウォシュレットが無ければお尻を綺麗にするグッズ必要になる

手術から2ヶ月程は傷口が露出している為、トイレットペーパーで擦ると傷口が悪化する可能性があります。

この為、ウォシュレットを使用するのが最善ではあります。しかしながら、ウォシュレットが無いトイレもまだまだ多く、この場合別の手段でお尻を綺麗にしなければなりません。

方法としては以下のどちらかになります。

  • 携帯ウォシュレット
  • 赤ちゃんのお尻拭きシート

携帯ウォシュレットは電動と手動がありますが、どちらも音がする上に水をタンクに入れねばならず、またポケットには大きい為カバンが必要になります。

女性であればポーチに入れられるサイズですが、男性はトイレにあまり物を持ち込まないので隠すのが大変かもしれません。

 

赤ちゃんのお尻拭きシートであればコンパクトな携帯パッケージがあり、ポケットにも入る上、音もしないのでバレる事がありません。

携帯ウォシュレットと赤ちゃんのお尻拭きシートは使いやすい方を選ばれると良いでしょう。

 

4. お尻が痛い場合だけ、円座クッションが必要になる

私が手術を受けた病院では痔ろう手術をやっているのに円座クッションがありませんでした。

初めはとても怖かったのですが、なんと手術当日から普通に硬い椅子に座っても全く痛くありませんでした。

しかし、人によっては痛みが出る場合もありますし、傷口を圧迫したまま長時間座っていると傷口によくありません。

そこで、円座クッションに座ることで傷口への負荷を和らげてあげることができます。

ただし、円座クッションを職場などに持ち込むと『私は痔です』と宣言しているみたいでためらう方も多いです。

しかし、円座クッションには姿勢を正すという役割も持っています。

腰痛の改善を目的に使用していると周りに言いつつおしりの負荷を下げてあげる作戦でいきましょう。

それも厳しい場合は円座ではなくて柔らかめの普通の四角座布団を使うことでもお尻への負荷を下げることができます。

これなら、痔だったとはわからないので気楽に持ち組むことが可能です。

また、そもそも柔らかめの椅子であればクッションは不要の場合も多いので過度な心配は無用です。

 

まとめ

痔ろうで手術を受けたことを周りに気づかれないための方法は以下の通りです。

  • 滲出液が出るのでパッドを当てる必要がある
    生理用ナプキンで外からわからないように滲出液を防ぎましょう
  • 滲出液の臭いがするので最初の一週間は頻繁にパッドを交換する必要がある
    最初の1周間は2~3時間おき、それ以降は滲出液の出方を見ながら定期的に交換しましょう
  • うんちの際にウォシュレットが無ければお尻を綺麗にするグッズ必要になる
    携帯ウォシュレット、またはおしりふきシートでおしりに優しく綺麗にしてあげましょう
  • お尻が痛い場合だけ、円座クッションが必要になる
    姿勢を良くするための円座クッション、または柔らかい座布団でお知りの負荷を下げましょう

 

 

 

-48_痔ろうQ&A(社会復帰編)
-,

Copyright© 痔ろう(痔瘻)体験日記 痔ろう予防で健康な体を手に入れよう! , 2019 All Rights Reserved.