46_痔ろうQ&A(手術編)

痔ろう(痔瘻)の手術が怖いです


私もとっても怖かったですが実際に受けてみると大したことなかったです

私は血を見ると簡単に脳貧血を起こします。下手すると血なまぐさい話を聞くだけで貧血になります。このため、手術中に貧血を起こすんじゃないかとずっと不安でした。

貧血を起こしづらい人から比べれば、不安の度合いは格段に上だったと思います。

しかし、結果から言うと『大したことなかった』が感想です。そう思えた要因は以下の通りです。

痔ろう手術が怖くなかったポイント!

  • 痛みが全く無かった
  • 手術台の上で横になっていれば貧血にならなかった
  • 手術時間が短かった

 

痛みが全く無かった

腰椎麻酔から始まり手術が行われて肛門周辺が切開されても、驚くことに特に痛みはありませんでした。手術室にいるという緊張と麻酔が相乗効果をもたらしてくれたのか痛いという感覚は皆無だったのです。なお、痔ろうで一番痛かったのは発症の瞬間(道の途中で動けなくなった)です!それに比べれば手術は完璧に痛み対策がなされているので天国です!(笑)

 

手術台の上で横になっていれば貧血にならなかった

脳貧血は極度の緊張により血管が狭窄し脳に血が回らなくなることで起こります。頭を上にしているとこの症状が起こりやすくなります。ただし、頭を心臓より下げていると脳貧血は起こりにくくなります。手術台の上もまさにその状態であり緊張はそれなりにしましたが脳貧血になる気配はゼロでした。

 

手術時間が短かった

実際に私が受けた手術は驚異の15分でした。移動時間や準備を含めても1時間しかかかっていません。病院のスタッフや先生の手際が良いのはもちろんですが、まさか15分で終わるとは思っていなかったのでびっくりです。こんなに短時間で終わるとは思っていなかったので怖いと思う暇もありませんでした(笑)

 

過剰に手術を怖がる必要はありません

このように痔ろう手術は数ある手術の中でも圧倒的に短時間で終わる簡単なものです。『手術』という名がつくと不安になってしまいますが、過剰に心配する必要はありません。手術を受けた私の経験から言わせれば、手術室にたどり着くまでのこれまでの道のりのほうがよほど不安で怖かったです(笑)

肝心の手術は怖がる暇もないほどあっという間に終わりますのでどうか安心してください。手術が終われば後は完治に向けて一直線ですよ!

-46_痔ろうQ&A(手術編)

Copyright© 痔ろう(痔瘻)体験日記 痔ろう予防で健康な体を手に入れよう! , 2019 All Rights Reserved.